www.ilonabogdane.com

10分しか記憶を保てない男を主人公に、まさに“ストーリーを終わりから始まりへ、時系列を逆向きに映し出していく”。 タランティーノやガイ・リッチーが時系列をバラバラにした映画をよく撮っていたけど、この作品はまたそれらとは似て非なるもの。 物語は完全に最終的な場面、いわゆるエンディングから逆行して、始まりに向かいます。 これは何かの比喩とかではなく、そのまんまの意味。 要は、なぜそういう結果になったのか、それが徐々にさかのぼっていくことで、少しずつあきらかになっていくという手法。 この手法が、見ていてかなり疲れる。 集中力がないと、途中でわけわかんなくなっちゃう作品なんで、気をつけないとダメ。 見終わった時にはヘトヘトになりました。 見ている側の記憶力も大いに試されます。 今も昔も、クリストファー・ノーランの作品はやっぱり普通に楽しませてはくれません。 がんばって見なければならない作品のわりには、ご褒美は少なめですが、それでも、見る価値はありそうです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.ilonabogdane.com All Rights Reserved.