でもその事実は「ぼんやりとしたアイデアで注文」

ノートパソコンの前に座ってリアルタイムで上がったり下がったりしているレートをご覧になっていると何となく取引をしたくなるという思いに突き動かされる状況も多いと思います。ルフィーナ 口コミ

でも、漠然とした感覚で売買することは避ける必要があります。生酵素 おすすめ

ご覧の通り、外国為替相場は1日中どういう時でもどこかのマーケットは関いているし、レートも休みなく変化しています。美歯口 口コミ

そうであっても、何回も売り買いを積み重ねると、その分マイナスになる確率が上がってしまいます。生理前 情緒不安定

当たり前ですが、取引の回数を重ねることによって、少しずつ勝つ確率が半々になるのは事実。カルグルト 口コミ

でもその事実は「ぼんやりとしたアイデアで注文」することとは別の話だ。NAFL日本語教師通信講座 リニューアル

エントリー回数を積むというのは、あなたが「ここだ!」と感じた自信を持ったところでの売買回数を重ねるという事を言っています。太陽光発電 環境

ただ何となく、取引を積むのとは大きく違います。L-システイン 美白

外国為替市場の勝負に敗北しないためには、己で意識的にメリハリをつけることが大事だ。契約前 チェックポイント

「ここがチャンス」と考えた市場の時には所持ポジションを買い増して、覚悟を決めて儲けを追求します。白ニキビ 潰す

「何となく悩ましいマーケットでどう動くのか読めないな」と思った時は、思い切って持っているポジションをひとつ残らず諦めて何もしない。

このくらいのメリハリがあったほうか売買は儲けられます。

相場の格言には「休むも相場」というものがある。

文字通り言葉どおりです。

為替とは、いつも売買ポジションを保有する事が重要ではなく、何も保有せず静観していることも場合によってはFXです。

では、どういう時に、休むべきなのでしょうか。

ひとつは、前述したように、直近の相場展開がしっかりと難しいときです。

これから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は分からないまま行動すると、あなたの考えたストーリーとは逆の方向にマーケットが推移してしまい損失を被る事になります。

だから、こんな場合はポジションを整理して、そのままの状態で黙ってみているだけがいいと思います。

もうひとつは、自身のコンディションが変なときです。

体の調子とマーケットに関係ないと考える方もいると思いますが現実には大きく関係あります。

体の状態が思わしくなければマーケットの重要な局面で、正しい決定をする事が難しくなります。

やる気がわかない時はトレードから距離を置くことも重要な事です。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.ilonabogdane.com All Rights Reserved.